(地味だけど)鳥のお世話で買って良かったもの3選

飼育グッズ
スポンサーリンク

こんにちは

しろきな(@shirochan_kina)です。

 

今回は、鳥のお世話で買って良かったものを3つご紹介します。

 

鳥さんたちの環境を良くできるのは、かいぬしだけです。

でもかいぬしの負担はなるべく軽くしたい。

負担が大きいとお世話が続かなくなってしまう可能性が高くなるからです。

続けられなければ意味がないので、なるべくラクにできるものをいつも探しています。

 

もちろん、鳥さんに害のないものというのは大前提です。

1. 無地の新聞紙

これはその名の通り、印刷されていない無地の新聞紙です。

ケージの踏ん切り網の下に敷くものです。

けっこう大きいので、うちでは半分に切って1枚で2羽分使います。

480枚入りだったので、2羽で使っても1年半は持ちます!

無地を使う理由は、うんちの観察がしやすいから。

印刷されているとインクがにじんでうんちの色と勘違いしてしまいそうなので、無地がおすすめ。

▼前はこれを使っていました。防水吸水を求めるならこちらがおすすめ。

2. レデッカーはりねずみのテーブルブラシ

これは、ケージのちょっとした掃除に使います。

とくにケージの下に落ちているシードの殻などをさっと集めるのに便利です。

このはりねずみはかわいいので見えるところに置いておきたくなります。

見えるところに置いておくと、すぐに手が届くので、さっと掃除ができます。

 

また、このはりねずみの形をきなが怖がるのもポイント。

きなが行って欲しくないところに置いておくとストッパーの役割をしてくれるので一石二鳥です( *´艸`)

3. 純水99%のウェットティッシュ

これはケージの中や外の汚れやうんちを拭いたりするものです。

鳥たちにアルコール系は禁忌です。

アルコール除菌のウェットティッシュでケージ内を掃除したところを鳥さんが舐めてしまって肝臓が腫れてしまったという事例があるそうです。

▼詳しいブログはこちら

インコなど愛鳥への除菌ウェットティッシュの危険性!ケージ清掃時の使用に要注意 | インコ生活〜飼い方・育て方の総合情報サイト
インコや文鳥などの愛鳥にとって、除菌ウェットティッシュが危ないという情報が、2018年初頭にFacebbokなどのSNSで話題になりました。ケージや止まり木、底網(フン切り網)の清...

 

 

除菌をしたい時はアルコールではなく次亜塩素酸水がおすすめです。

▼うちではハセッパーやスコットクリーンを使っています。

 

こんなかんじで鳥たちにもかいぬしにも優しい暮らしをめざしています。

▼YouTubeもアップしましたので併せてどうぞ(●´▽`●)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました