【きなもも愛用のいっぴん】#4 パニック対策に効果のあったいっぴん

飼育グッズ
スポンサーリンク

こんにちは

しろきな(@shirochan_kina)です。

 

今回の『きなもも愛用のいっぴん』コーナーは、もものアキクサパニックの対策に効果のあったものです。

それは「ろうそく風ライト」です。

パニック対策に効果的なのは?

もものアキクサパニックは、大体夜中に起こります

昼間に起こったことは今のところほぼありません。(お迎えしたてくらいの時にプチパニックはあったような…)

それはなぜかというと、やはり真っ暗闇で何も見えない時に音や衝撃などがあるとどうしてもわけがわからず慌ててしまうということでしょう…

 

以前アップしたもものパニックの動画に、対策に関する様々なコメントをいただきまして、その中にいちばん多かったのが、

「真っ暗にせず、足元にオレンジ系の光をうすく灯しておく」

ことでした。

▼以前のパニックの動画

アキクサインコのパニックと横で寝てたセキセイインコの神対応

それまでは、きなの発情対策で寝る時は遮光カーテンで作ったおやすみカバーをケージにかけて、真っ暗にして寝かせていました。(ふたりのケージにまとめて1枚のおやすみカバーをかけています。)

【きな産卵🥚】セキセイインコ・メスの発情についてまとめてみました
こんにちは しろきな(@shirochan_kina)です。 うちのセキセインコのきなは女のコです🐥🎀 女のコのインコでちょっと心配なことと言えば・・・ ...

そこで、きなからは見えづらい位置で、もものケージの下あたりにこのろうそくライトを置くことにしました。

ろうそく風ライト

ろうそく風ライトは、ダイソーかセリアか忘れていまいましたが、100均で買えます。

しかも2つ入りで!とてもお買い得。

▼単4電池2こで動きます。

もうひとつ効果があったこと

もうひとつ、効果があったと思われることのひとつに、

たこ足配線をケージからなるべく遠ざけたこと

があります。

 

これも、以前の動画のコメントでアドバイスを頂いたものです。

パニックの原因ですが、恐らく電機のコードやコンセント、電気機器などから漏れる電磁波だと思います。電源が入ってなくても電磁波や電波はコードや機器内部の増幅コイル等で放出されているので出来るだけ下に下げるか遠避ければパニックは収まると思います。あと小さなコバエの飛ぶ音にも敏感です。ウチも結構苦労して原因を見つけたので参考にして頂ければ幸いです。
(_ Midnight_KAZU様のコメント)

ご苦労されて見つけられたというこの原因を、共有して頂いて本当に感謝しています。

このコメントをいただく前は、このたこ足配線をちょうどもものケージの真下に置いていたのです…😭

早めに気付けて本当によかったです…!

▼ちなみにこのたこ足配線を入れているのは無印良品の『ファイルボックス・スタンダードタイプ1/2』

▼フタはこちら

このふたつの対策をして以降、理由のわからないパニックは起きていません✨

(地震やかいぬしがたてた物音のせいのパニックはあります…💦)

YouTubeもどうぞ

アキクサパニックに効果があった対策2つ | かいぬしの虫パニックとインコたちの神対応 | きなもも愛用のいっぴん#4 ろうそく風ライト
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました